読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

否定

私は34歳の時に子宮頸がんになりました

 

今思えば正直とっても辛かったです

 

私は26歳バツイチになり、実家にも帰らずやってきました

 

家族には何も言えませんでした

 

離婚したときは否定され

起業したときは人に騙され、妹からは全否定され

病気したときは、親は酔っぱらって私の病気をホステスのお姉ちゃんに聞かれ電話してきて

お母さんは、あなたならがんばれるって

 

私がドツボにはまってるときは

誰一人応援してくれませんでした

 

ドツボにはまってるときに否定されれのはめちゃつらいです

 

何もしてないなら言われて当然だけど

頑張ってるときに否定されるほどつらいものはありません

 

だから私は人を応援

すると決めたのです